肉離れの症状・治療法ナビ > 肉離れの応急処置(RICE)



肉離れを起こした際は、まずは応急処置を

重度の肉離れを起こした時には、まず応急処置を行いましょう。

この応急処置はRICE処置とも言い、このネーミングは単語のアルファベットからきています。
sponsored link

RICE処置とは?

R → REST(安静)

肉離れを起こした部位は安静が必要です。
症状が出たにも関わらず、運動を続けると症状は更に悪化します。

I → ICE(アイシング)

患部を冷やすと血管が収縮し、痛みが和らぎます。

C → COMPRESSION(圧迫・固定)

患部を圧迫することで、膨張を抑制することができます。(圧迫包帯など)

E → ELEVATION(高挙)

肉離れした部位を心臓より高くすることで、腫れの状態を軽減させることができます。


肉離れを起こした後に、RICE処置を行うことはとても重要なことです。
RICE処置によって、その後の肉離れの治療の期間が短くなります。

ただし、RICE処置は治療ではありません。
ですから、処置した後にすぐに病院を受診するようにしましょう。

また、肉離れの症状にもよりますが、治療後にはリハビリが必要となる場合があります。

スポーツをしている方は特にですが、医師とよく相談をしてリハビリを行い、しっかりと肉離れを完治させるようにしましょう。
sponsored link

Copyright(C) 肉離れの症状・治療法ナビ Allrights reserved.