肉離れの症状・治療法ナビ > 肉離れのリハビリ



肉離れは、程度によっては日常生活さえも困難になる

肉離れは、程度によっては日常生活さえも困難になるスポーツ障害です。

軽度の症状だと放っておくと痛みが消えてしまうので、比較的軽んじられる症状です。

しかし、肉離れはきちんと治療していないと、慢性の痛みに苦しんだり再発を繰り返してしまいます。

こうなるとスポーツで実力を発揮したり、楽しむことさえもできなくなってしまいます。
sponsored link

肉離れのためのリハビリ

肉離れを起こした後はリハビリが必要です。

しこりが無くなり、患部につっぱり感が出ている程度にまで回復すればリハビリをスタートさせるといいでしょう。もちろん、医師の許可は必要です。

ハムストリングス(太ももの後ろ側の筋肉)のリハビリの場合

肉離れは筋力不足がそもそもの原因ですから、肉離れを再発させない為にもまず筋力アップから始めます。

1.チューブまたはゴムを用意します。

そして足首の後ろ側から前の方に向けて、用意したゴム(チューブ)を括りつけてください。(この動作を20回×5セット行ってください)

2.症状が改善したら、チューブを短くして負荷を上げてください。

3.更に症状が改善したら、ジムなどでマシンを使った筋トレを行ってください。
  そして徐々にウォーキングやランニングを始めてください。


医師に相談しながら、無理をしないように筋力アップを図り肉離れを起こさない体力づくりを続けましょう。
sponsored link

Copyright(C) 肉離れの症状・治療法ナビ Allrights reserved.